協会事業概要

1. 顕彰事業「日本商品化権大賞」

当協会は、キャラクターパワーを最大化した施策を実行した団体と個人を表彰する「日本商品化権大賞」を主催しています。この賞は平成25年 2月に創立 35年記念事業として創設され、翌年商品化権ビジネスの振興と人材の育成の観点から継続が決定し、日本商品化権大賞と名称を変更し、内容も再検討し現在に至っています。

「日本商品化権大賞」

2. キャラクターグッズのニセモノ対策事業

近年東アジア等で製造された偽キャラクターグッズが、インターネット販売サイトや小売店などで販売されていることから、2001年 (平成13年) よりファミリー、アニメファン、ホビーファンを対象するイベントに出展し、「偽キャラクターグッズを売らない、買わない、造らない」の啓発活動を中心としたニセモノ対策事業を行っております。

また啓発活動は他の団体とも共同で行っており、当協会も加盟している不正商品対策協議会とは、「ほんと?ホント!フェア」「まなびピア」などの啓発活動、不正商品キャンペーンポスターや「アジア知的財産権シンポジウム」などを行っております。


3. 商品化権ビジネスの振興事業

「新春懇親会」などの会員間の交流を中心に、世界最大の商品化権ビジネスの展示会「ライセンシングエキスポ」視察や会員が最も関心がある事をテーマに開催する記念講演などを行っております。

4. 関係省庁への提言事業

ニセモノ対策や商品化権ビジネスに関する法改正の要望や政策提言を関係省庁に行っております。

△このページのはじめへ