C3 in Hong Kong 2017 に出展、偽キャラクターグッズの不買と日本商品化権大賞 2016 の PR 活動を実施しました。

2017年 2月 10日 - 12日
C3 in Hong Kong 2017 に出展、偽キャラクターグッズの不買と日本商品化権大賞 2016 の PR 活動を実施しました。

当協会は、香港コンベンションセンターで開催した「C3 in Hong Kong 2017」に出展し、「キャラクターグッズは正規品を購入しよう」をアピールした他、「日本商品化権大賞 2016」の受賞作品やその商品の PR を実施しました。

会期中は、香港や中国本土などから 220,100人のアニメファンが来場し、ステージ、各社ブースは大盛況でした。当協会ブースにも受賞作品の商品をご覧になる方、ホンモノ・ニセモノ比較展示や MAGP イラストなどをご覧になる方が多数来られました。


第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017に出展し、日本商品化権大賞2016のPR活動を実施しました。

2017年 2月 8日 - 10日
第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017に出展し、日本商品化権大賞2016のPR活動を実施しました。

当協会は、東京ビッグサイトで開催した「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017」に出展し、「日本商品化権大賞 2016」の受賞作品やその商品の PR を実施しました。

会期中は 200,867人が来場し、当協会のブースにも多くの方が寄られ、2016年大ヒットした受賞作品の商品を確認されていました。


平成29年新春懇親会を開催しました。

2017年 1月 23日
平成29年新春懇親会を開催しました。

当協会は、平成29年新春懇親会を品川プリンスホテルで開催し、来賓、招待者、会員及び報道関係者等 179名が出席しました。

当日は高木理事長の年頭の挨拶から始まり、経済産業省平井課長、文化庁池野課長補佐よりご式辞をいただいた後、「日本商品化権大賞 2016」の表彰式を行いました。そして懇親会は、大変盛会の中篠原副理事長の中締めで閉会しました。


日本商品化権大賞 2016 の表彰式を実施しました。

2017年 1月 23日
日本商品化権大賞 2016 の表彰式を実施しました。

当協会は、「日本商品化権大賞 2016 (後援 経済産業省)」表彰式を平成29年新春懇親会内で開催しました。

本年のプレゼンターは、前年グローバル部門を受賞された「ドラえもん」より、ドラえもんとのび太くんが務め、受賞者にトロフィーと賞金を手渡されました。

なお 2016年受賞作品の詳細は「日本商品化権大賞 2016」でご確認下さい。


アジア知的財産権シンポジウム 2016 を開催しました。

2016年 12月 19日
アジア知的財産権シンポジウム 2016 を開催しました。

当協会が加盟している不正商品対策協議会が、JP タワーホールで開催した ACA 設立 30周年記念「アジア知的財産権シンポジウム 2016」を主催会員として開催しました。

「アジア知的財産権シンポジウム 2016」は、「グローバル社会における知的財産の保護と不正商品の排除に向けて」をメインテーマに、警察庁の挨拶に始まり、原点回帰ACAの歩み、我が国の知的財産権侵害事犯の現状と課題、グローバル社会におけるサイバー犯罪の現状と課題等の報告がありました。最後はメインテーマのパネルディスカッションがあり、グローバル社会における各国における知的財産保護の連携の重要性を確認できたシンポジウムでした。なお当日は ACA 関係者、企業の知財担当者、一般の方等約300名が参加されました。


C3TOKYO で日本商品化権大賞2015 の受賞作品、偽キャラクターグッズ不買キャンペーンの実施

2016年 8月 27日 - 28日
C3TOKYO で日本商品化権大賞2015 の受賞作品、偽キャラクターグッズ不買キャンペーンの実施

当協会は今年から名称を「キャラホビC3×HOBBY」から「C3TOKYO」に変更したイベントに出展し、偽キャラクターグッズ不買キャンペーン、日本商品化権大賞等の協会活動を紹介、来場者に活動への理解を求めました。

当日は 45,500人が来場、当協会ブースにも多数の方が来られ、日本商品化権大賞 2015 受賞作品、ホンモノ・ニセモノ比較展示を熱心に見ていただけました。


Japan Expo 2016 で偽キャラクターグッズの啓発活動を実施

2016年 7月 7日 - 10日
Japan Expo 2016 で偽キャラクターグッズの啓発活動を実施

「Japan Expo」では、ここ数年権利者の許諾を受けていない偽キャラクターグッズの販売が顕著に見られるところから、当協会と (一社)コンテンツ海外流通促進機構 (CODA) は、共同で海賊版対策として啓発活動を実施しました。

「Japan Expo」ですでに実行されている海賊版対策は、主催者は「JAPAN EXPO SAYS NO TO PIRACY」を来場者にアピールし、フランスの代理店など 4社によるフランス税関の取締りを実施していますが、毎年約20社の出展社が偽キャラクターグッズを販売しています。

そこで当協会と CODA は「Japan Expo」に出展し、来場者 (234,852人) にホンモノ・ニセモノ比較展示で本物の良さをアピールした他、ホンモノを購入することによりマンガ・アニメの将来を守る「Manga-Anime Guardians」への賛同を呼びかける啓発活動を実施しました。その活動に賛同者してくれた方は約2,000人に達し、欧州版マンガ・アニメ愛を感じました。


Anime Expo 2016 の視察を実施

2016年 6月 30日 - 7月 5日
Anime Expo 2016 の視察を実施

当協会は、北米最大のアニメイベント「Anime Expo2016」の視察を参加者8名で実施しました。

「Anime Expo2016」はロサンゼルスコンベンションセンター全館及び Microsoft Theatre 等を利用して開催され、出展社は 377社、来場者総数は 4日間で 100,420人と日本アニメーション大好きなオトナ、オタクが集まるイベントです。

今年は「ANISONG WORLD MATSURI」が開催され、2日間で 2公演 12人が出演し、合計 18,000人が参加されたほか、新作のワールドプレミア、先行上映等があり、参加者はそれらを熱心に視察されていました。

なお事務局はグッズ販売エリアのニセモノ調査を実施し 17店舗の販売業者を発見しました。今後主催者とニセモノ販売業者情報の共有を図る予定です。


新役員などのお知らせ

2016年 5月 24日

当協会は、5月 24日に平成28年度定時総会を開催し、平成27年度の決算、平成28年度事業計画案、収支計画案及び平成27・28年度新役員の選任について原案の通り決議しました。また同日に平成27年度第5回理事会を開催し、役員の役職等を決議しました。詳細は「情報公開」・「役員の紹介」をご確認下さい。


平成28年記念講演の開催

2016年 5月 24日
平成28年記念講演の開催

当協会は、いよいよ 4年後に迫った「2020 東京オリンピック・パラリンピックのライセンシング」をテーマとした記念講演を、定時総会後に開催しました。

「東京 2020」のライセンシングプログラムは、スポンサーシップと通常のライセンシングの二つがあり、それについて東京 2020 ライセンシング事務局山田事務局長より詳しくご説明いただきました。当日は会員社から 59名参加し、講演を熱心に聞かれていました。


フランス税関に感謝状の贈呈

2016年 5月 9日
フランス税関に感謝状の贈呈

当協会は、2015年 7月に開催されたジャパンエキスポ 2015 において、日本発キャラクター商品の海賊版排除活動を実施されたフランス税関に感謝状を贈呈した。

なおフランス税関は、ジャパンエキスポ 2015 で海賊版販売業者から日本発キャラクター 9作品、約2万個の海賊版を押収され、当協会が推進する海外における海賊版対策に多大に貢献されました。


⇒ 過去のトピック